プリント基板の基礎知識

プリント基板の基礎知識

プリント基板の基礎知識 「プリント基板」は、テレビやパソコン、自動車やカーナビなどさまざまな電子機器に使われておりその存在を知らずともその恩恵は必ずだれもが受けている快適な日々の生活に欠かすことのできない存在です。そんな電子機器に欠かすことのできない主要な部分を担っている「プリント基板」は、回路を作成する際に書く部品同士を固定し配線するための部品の総称です。一般的には絶縁体の板や集積回路、抵抗器、コンデンサ、トランジスタなどの部品が固定されているのが一般的です。

そしてその部品間に銅箔で配線が張り付けられた構成になっているのでどのようにその配線を設計するかが非常に重要です。みなさんも一度はパソコンの目盛り追加などで緑色の板に集積回路が固定されている部品を目にしてことがあるのではないでしょうか。それこそが「プリント基板」なのです。このように「プリント基板」は電子回路の基礎を担っているその組み立てになくてはならない重要な存在です。

プリント基板の設計にはデザインルールを確認

プリント基板の設計にはデザインルールを確認 プリント基板は必要な配線を固定化することで組み立てを容易にして、大量に作ることができるメリットがあります。ただし、個人で作れるものではないので制作を業者に発注する必要がります。手順としては、まず回路設計から始めます。パターン図と呼ばれる図面によってどこに何を繋ぐのか、電子部品間の太さはどれぐらい必要かなどを盛り込んで行きます。

このまますぐに出来上がれば良いのですが、大抵の場合、修正が必要になります。それがデザインルールと言うもので、あまり電源が通るところに近接して信号の回路を配置する場合には、何ミリ以上離すことや電子部品の高さはいくつまでと言う高さ制限、基板の大きさなどの条件を見たすように変更を繰り返します。この作業が完了して初めてプリント基板にできる状態になります。デザインルールは業者による個別のものはほとんどなく、一般的な注意事項や電子部品ごとの仕様で決まります。新しい部品を使うときには情報が少ないため注意が必要です。